バイクの売り方

kaitori

バイクを売るための方法

新しくバイクを買い換えたいなと思った時には、それまで持っていたバイクを何らかの方法で処分をしないといけません。

処分というとちょっと聞こえがよくないですが、売却をしたり廃車にしたりして登録を抹消して所有を切るという意味で一連の作業を処分として行う必要があります。

新しいバイクを購入する理由が別のバイクに乗りたくなったということなら中古として売却をすることができますが、以前のバイクが事故などによって走行が不可能になってしまったという時には廃車にするなり使用されている部品を廃棄してそれから登録を抹消する手続きをします。

いずれにしても自分だけで処分をするというのはかなり面倒なので、ほとんどの人は手続きを含めて業者に依頼をすることと思います。

バイクで使用されている部品は法律によってリサイクルが義務付けられているので、勝手に鉄くずとして捨てることはできません。

必ず専門の業者に頼んでしかるべき方法でリサイクルをしてもらうようにしましょう。

安心できるのは買い取り専門店

バイクを売るという時に業者を依頼するなら、一番利用しやすいのは買取専門店です。

バイクの買取専門店は店舗を展開しているお店もありますが、現在ではネットで査定や申し込みをすることができるようにしているところがほとんどです。

ネットを使った買い取りの場合、事前にある程度ざっくりとした価格を算出することができるとともに、24時間いつでも申し込みができるという大きなメリットがあります。

ただし完全にネット上だけで交渉ができるわけではなく、実際に買い取りをお願いするときには事前に申し込みをして自宅などでバイクの査定をしてもらい、その見積書を元に契約するかどうかを決めていきます。

見積もりまではほとんどの会社が無料なので、もし金額をより有利にして売りたいということなら複数のお店で相見積もりをとってみるというのもよい方法です。

買取専門店にもいくつかの種類がありますが、信頼性の高さということでいえば大手のグループがおすすめになります。

参考>>バイク買取専門店バイクワン

特に買い取りを専門にしているとはっきりうたっている企業では、初めての買い取りまでの流れもわかりやすく説明してくれますし、引き取ったバイクを中古にするにしても廃車にするにしても面倒な手続きを全て代行してもらえます。

上記のサイトなどはローンに残りがある場合などバイクを持っている人にありがちな悩みも総合的に対応してもらえるので、気がかりな点があるときには問い合わせてみるとよいでしょう。

オークションで販売するときの注意

バイクを売る方法としてもう一つ代表的なのがネットで直接欲しい人に買ってもらうオークションの利用です。

ヤフオク当たりを見ていてもバイクは頻繁に出品されている商品ですが、誰でも高値で買い手がついてくれるわけではありません。

中古バイクの場合現状渡しでノークレーム・ノーリターンが基本ですが、それでも高額の取引になることからトラブルも多く聞かれています。

取引相手が遠方の時などには輸送費もそれなりにかかってきますので、高値で買い取りしてもらえてもトラブルや返品などで諸経費がかかりほとんど取り分がなくなってしまったなんていうこともあったりします。

あくまでも自己責任として何かトラブルが起きても自力で解決するという気持ちがないとオークションを利用するのは難しいでしょう。